未成年者の相続と特別代理人

相続することにおいて、未成年者が相続人に居る場合には親権者が代理として相続に関する行為を行うのが一般的となっています。
しかし未成年者が遺産分割協議において、相続を放棄するなどの場合には特別代理人を選任することが必要になります。
これは親権者と未成年者の間において利益が相反すると認められるからです。

利益相反とは、一方の利益になるのにもう一方に対しては不利益になること、またそれに伴う行為のことを指します。
親権者が未成年者に対して遺産を放棄させることや、親権者の債務を未成年者が所有する不動産に抵当権を設定するなどという行為などには未成年者の相続財産を保護するために特別代理人を選任する必要があります。
利益相反する行為と認められた場合には、遺産分割協議の内容は認められず、特別代理人を選任しやり直すよう求められるでしょう。
そのため遺産分割協議を行う際には、親権者が未成年者の相続分に関して利益相反に抵触するかどうかをしっかりと確認しておくことが必要になります。

遺産分割協議とは法定相続人全員が集まり、被相続人の遺産をどのように分けるかを決めるものです。
この遺産分割協議については、被相続人が遺言書を残している場合は、原則的に遺言書に従って遺産相続を行います。
遺言書などが無い場合には被相続人の財産を法定相続人で分割するのです。
相続財産を共有したままでいると相続について揉めることや、法定相続人が死亡してしまう場合なども考えられます。
そのため適切に分割を協議し相続財産を確定させ、それに応じた相続税を納付します。

将来のことを見据えて協議し遺産を分割するのですが、相続人の中に未成年者がいるケースも考えられます。
未成年者は相続に関する法律行為を行うことができないので、親権者が代理として行うのです。
前述の通り、親権者と未成年者の間で利益相反すると特別代理人を選任する必要があります。
また親権者と子となる二人の未成年者が存在する場合には、特別代理人はそれぞれに選任する必要があります。

特別代理人となる候補者に関しては利益相反行為について利害関係の無い方であれば特に制限はありません。
親族である必要もなく、第三者であっても条件を満たしており申立書に従い申請すれば認められることがほとんどです。
家庭裁判所の方で選任するという形にはなりますが、大きな問題がなければ候補者がそのまま選ばれることになります。
このことから身近で依頼することが出来ない場合には司法書士や税理士などの専門家を候補者として建てる方も多いです。

親権者の代わりの法定相続人として未成年者のために特別代理人を選任する必要がある場合、家庭裁判所への申立が必要となります。
特別代理人の選任には、まず今の住居がある管轄の家庭裁判所を探してください。
家庭裁判所の所在地をチェックしたら特別代理人選任の申立の準備を開始しましょう。

特別代理人の選任の申立については申立書に必要な内容を記載します。
申立書の他にはいくつか必要な書類があり、それらも揃える必要があります。
申立人もしくは親権者、未成年者の戸籍謄本、特別代理人候補者の分も用意します。
特別代理人候補者は住民票も必要となります。
利害関係などの調査のためです。
被相続人の遺産に関する資料も提出することを忘れずに行いましょう。
現在の遺産分を明らかにするためであり、不動産登記簿謄本や固定資産評価証明書、預金残高の証明書、その他にも遺産に関係する書類についてまとめましょう。
その他にも親権者と未成年者が利益相反することがわかる資料、加えて特別代理人候補者の承諾書も必要となります。
場合によってこの他にも書類が必要になることもあります。

すべての書類が揃ったら家庭裁判所へ申立を行います。
実際に提出する際には切手代と収入印紙も必要になります。
家庭裁判所から特別代理人選任の審判が下りることによって、特別代理人選任審判書が交付されるのです。

この特別代理人選任審判書が交付されることで特別代理人としての効力が発生します。
遺産分割協議はもちろんのこと、不動産相続登記や遺産の手続きには特別代理人選任審判書が必要となるので大事に保管しておきましょう。

特別代理人は成年後見人制度と混同されることもあるようです。
特別代理人については期間が限定的で未成年者への遺産相続に関する協議の範囲にとどまっていますが、後者の場合は未成年者のみと限定されておらず、一度認められれば本人に関する法律行為や財産の管理などを行うことが可能になります。
もちろん遺産分割協議も参加することができ、判断能力が無い方に対して利益を守ることに努めます。

近年では相続に関するトラブルなどもあり特別代理人として専門家に依頼し、申立書の作成から遺産分割協議すべて相談できるサービスなども展開されています。
相続に関して不安がある方はそのようなサービスを活用するのも良いでしょう。